役員報酬・費用弁償支給規程
目的
第1条 この規程は、定款第27条に基づき、役員に対する報酬及び費用弁償の支給について定める。
報酬
第2条 役員に対する職務遂行の対価として報酬等を支払うことができる。
(1)役員の報酬等は、年額とし、別表1に定める限度額の範囲内とする。
(2)前項に定める報酬等の額は、職務、資格等を勘案して、理事会の決議により決定する。
費用弁償
第3条 役職員等に対する旅費、日当等の費用弁償は、支給することができる。
(1)自治研究センターの役職員が、理事長の命により当センター用務のため旅行する場合は、旅費、
   日当を支給することができる。
(2)旅費支給に関して必要な事項は、旅費支給に関する細則で定める。
(3)役員の日当については、別表2のとおりとする。
改廃等
第4条 この規程の改廃及び施行について必要な事項は、総会の議決を必要とする。
附則この規程は、公益社団法人の設立の登記の日から施行する。
別表1 役員の報酬等の限度額
    
理事長       年額   240,000円 までの範囲
    常務理事 常勤 1名 年額  4,100,000円 までの範囲
別表2 役員の日当
    
理事の日当 理事会・総会への出席 5,000円(1回)
    ※理事であっても研究主幹として報酬を受けている場合、日当は支給しない。
参考:
定款第27条 理事及び監事に対して、総会において別に定める報酬等の支給の基準に従って算定した額を報酬等として支給することができる。